認知症治療の専門知識を持つ鍼灸師の検索サイト

一般社団法人老人病研究会 http://gochojunet.com

Gold-QPD三焦鍼法の最新潮流

下記ボタンを押すと、資料「Gold-QPD三焦鍼法の最新潮流」をご覧いただけます。

≫ Gold-QPD三焦鍼法の最新潮流≫ 三焦鍼法の英文原著論文発表

認知症治療鍼灸師(Gold-QPD鍼灸師)とは

概要

Gold-QPD鍼灸師とは、鍼灸師もしくは医師の資格を持つ人に、西洋医学(神経内科、精神科、老年内科、看護の基礎情報、介護福祉)、東洋医学の両面から認知症治療の特別教育を行い、認定資格を発行する制度です。一般社団法人老人病研究会が主催し、資格の認定を行っています。

Gold-QPD履修概要

西洋医学の認知症知識

・高齢者に多い認知症と精神科疾患

・認知症気づき・中核症状・周辺症状

・周辺症状‐薬物療法-対処法‐終末期ケア

東洋医学の認知症知識・実技

・三焦鍼法の基本と最近知見(Amyloidβの沈着予防効果)

・デモンストレーション

・高齢者の生理・病理と老化メカニズム

・認知症の弁証治療―代表的な中医鍼灸治療

・認知症の常用穴、20穴紹介とそれぞれの応用

講師陣

川並 汪一(日本医科大学名誉教授、社団法人老人病研究会会長)

1973 年:日本医科大学大学院卒(病理学教室)、同年 7 月:ベルギー・ルーベン大学医学部留学(2 年間)、1977 年:アメリカ国立衛生研究所(NIH)visiting expert として留学(4年間)、1987 年:WHO-Temporary アドバイサー(10 年間)、1997 年:日本医科大学大学院老人病研究所教授-所長、2006 年:社団法人老人病研究会会長、2007 年:文部科学省・戦略的基盤研究・社会連携研究事業代表、2008 年/2009 年認知症国際フォーラム開催、2009 年:日本医科大学定年退職・名誉教授、2010 年:北海メディカルネットワーク総院長

兵頭明(社団法人老人病研究会理事、学校法人後藤学園中医学研究所所長)

8 年間の中国留学(北京中医薬大学)を終え 1982 年に日本に帰国。中医学の普及と啓蒙に携わり、日本の鍼灸教育への中医学の導入、教科書シリーズの作成、医師や薬剤師向けの中医学セミナーの開催、中医学の総合雑誌『中医臨床』誌に長期にわたる連載執筆等の活動を行っている。現職:学校法人後藤学園中医学研究所所長、天津中医薬大学客員教授、筑波大学非常勤講師、社団法人老人病研究会理事、日本中医学会理事、日本伝統鍼灸学会常任理事 〈講演要旨〉①中医学理論(高齢者の生理・病理と老化メカニズム) 高齢者医療に携わるにあたって、中医学理論にもとづいた高齢者の生理・病理的な特徴を把握しておくことは重要である。また老化メカニズムの理解は、健康長寿を実現させるための前提条件となる。中医学の考え方にもとづく全人的で総合的なアプローチが、いかに「高齢者にやさしく、高齢者のための」アプローチであるかを考えたい。 〈講演要旨〉②認知症の常用穴、20 穴紹介とそれぞれの応用 中医学では全人的で総合的なアプローチが原則となっている。認知症も例外ではなく、認知症を脳のトラブル、認知機能の低下という視点だけで見るのではなく、「証」にもとづいた全人的で総合的なアプローチがどのように行われているのかを、中国で発表されている臨床レポートの考察を通しながら、認知症治療の常用穴について解説を行っていく。

韓景献 (天津中医薬大学教授、中国脳神経鍼灸中心会長)

1970 年:天津医科大学臨床医療系卒業、1976 年:天津市衛生局 西学中班、1987 年:日本北里大学医学部留学、1988 年:日本京都大学医学部老化生物研究所研究員職歴:1970 年:天津中医薬大学第一附属医院鍼灸部教授、1991 年~1999 年:日本牧田病院、日本竹田治療院指導、2003 年:天津中医薬大学第一附属医院院長、2010:天津中医薬大学付属病院研究所所長、中国鍼灸学会常務理事、中国鍼灸学会脳病科学専門委員会主任委員、中国鍼灸学会臨床学会副会長、中国中西医結合学会(統合医療学会)神経科学専門委員会副主任委員、中国老年学学会エイジングとアンチエイジング科学委員会副主任委員、中華医学老年医学会基礎医学学会委員

河原保裕講師(埼玉県鍼灸師会会長)

東京衛生学園専門学校卒、1989 年:牧田中医クリニック勤務、1992 年:天津中医学院第一付属病院留学、1996 年:アコール鍼灸治療院開業、㈳埼玉県鍼灸師会副会長、埼玉鍼灸学会幹事、東京衛生学園専門学校講師、大川学園医療福祉専門学校講師、㈳日本鍼灸師会学術局経穴委員、第二次日本経穴委員会作業部委員 〈講演要旨〉認知症 Gold-QPD 育成講座では、韓景献教授(天津中医薬大学)の開発した認知症に対する鍼灸治療法をマスターすることを目的としている。ところで治療効果を決定するのは鍼灸手技における補瀉法である。補瀉手技は天津方式を採用することとする。これは所定のトレーニングをつんでこの手技を習得すれば、誰が用いてもほぼ同等の治療効果を収めることができるからである。本講演では、この補瀉手技の基本的な考え方と方法を紹介し、トレーニング後に韓景献教授に手技評価を行っていただく予定である。

グスタフ・ストランデル(株式会社舞浜倶楽部代表取締役社長、社団法人老人病研究会理事)

NPO法人日本スウェーデン社会サービス研究センター理事、Swedish Quality Care AB顧問、川崎福祉産業振興ビジョン検討委員会委員、富山大学非常勤講師などを歴任しスウェーデンの高齢者福祉に対する社会・理念を実際に舞浜倶楽部で行っている。
日本介護業界には革新が必要と説き、「今日の日本の介護業界を変革するには、リーダーが立ち上がり、それをマスメディアなどが後押しし、明治維新の時のような勢いのある維新とする必要がある。また、維新を成し遂げるため、場合によってはスキャンダルも必要となる」と主張している。