一般社団法人老人病研究会は、健やかな長寿社会を目指し、健康長寿Gold-QPD事業を実践する。


一般社団法人老人病研究会について

 一般社団法人老人病研究会は元東京大学病理学教授、東京医科大学学長を歴任された文化勲章受賞者(故)緒方知三郎先生(緒方洪庵の孫)により1954年に設立されました。当初は老人病研究所を付置研究所としていましたが、老人病研究所は1968年に本法人から日本医科大学に移管されました。
 
 本法人の事業目的は、“老人性病変の発生に関する理論と実際の研究によりその予防を図り健康の増進ならびに確保の普及により広く社会の福祉に関与する”ことです。
 本法人の活動としては、市民公開講座の開催、武蔵小杉地域の健康増進活動などを行っています。認知症国際フォーラムを2年連続で開催し、特に昨年は東洋医学における漢方や鍼灸が認知症に著しい効果を発揮する事実を本邦ではじめて報告致しました。フォーラムがNHK教育テレビで放映されたことで大きな反響を呼ぶに至りました。

 その結果を受け本法人は、今年度の事業として認知症に関する統合医療(西洋医学/鍼灸・リハビリ・ケア)のマスタースクールを設立開講し、認知症治療に特化した鍼灸師・医師の育成と実践事業を展開することになりました。高齢社会で避けて通れない認知症の対処法は世界中で広く望まれております。


<関連リンク>


ページの先頭へ

お問い合わせ | 書籍部 | 著作権等 | 免責条項 | 個人情報保護方針 | サイトマップ

Copyright © 2015 一般社団法人老人病研究会 All rights reserved.